電気学会の概要

電気学会は,1888年に創設された学者・技術者で構成される会員組織の学術法人です。すでに1世紀以上の歴史を有する伝統ある学会ですが,一方では,たえず革新を求め事業活動の活性化につとめております。現在,会員は約2万2000人で,電気学術の習得に情熱を傾けている勉学の徒から,大学・企業の第一線で,研究活動・技術開発に発明・発見に赫々たる成果を挙げている研究者・技術者にいたるまで,幅広い層の方々の参加・支援を得ております。
1991年(平成3年)からは,組織体制を刷新し部門制を採用しました。これは,電気学術の全分野を専門領域に分け,学会トータルの場での活動とともに,それぞれの専門分野でいっそう細かな活躍ができるようにしたものです。電気学術は,かつての電気工学でイメージされていた範囲を時代とともに拡大し,エレクトロニクス,情報,エネルギー,環境等々にかかわる広範多岐なものとなってきております。
電気学会では,今後も,時代の変遷・進展にあわせ,また,国際的視野に立って,電気学術全般の研究・調査活動やその成果の発表を通じ,社会に貢献していきたいと考えております。皆様の積極的なご支援をお願いする次第です。