中国支部 講演会

『機械システムに対する制御系設計法とその応用』

一般向け

2009年9月7日

開催地・会場:広島県 広島大学中央図書館1階ライブラリーホール
住所 広島県東広島市鏡山1-2-2
スケジュール       [1] 10:00~10:50
 講演題目: 「ゲインスケジューリング制御」
 講  師: 増淵泉 氏(広島大学)
 講演内容: ゲインスケジュールド制御は,非線形性や時変の変動を持つシステ
      ムに対する現実的な設計法である。LPVシステムのモデリングからLMI
      による多目的設計まで,例をもとに手順を追って説明する。
[2] 10:55~11:45
 講演題目: 「拘束条件を有するシステムに対する制御系設計」
 講  師: 和田信敬 氏(広島大学)
 講演内容: 現実の制御系には,電動モータのトルク制限や自動車のタイヤ摩擦
      力制限など,様々な物理的制約が存在する。そのようなシステムに対
      するシステマティックな制御系設計法について説明を行う。
休  憩 休  憩
[3] 12:50~13:40
 講演題目: 「過渡応答データを用いたPID制御器のチューニング」
 講  師: 佐伯正美 氏(広島大学)
 講演内容: プラントの入出力応答データから,数式モデルを同定せずに,ルー
      プ整形を行うPID制御器のゲイン調整法を紹介する。1入力1出力系
      から多変数PID 制御器や動的制御器の部分調整までを説明する。
[4] 13:50~15:10
 講演題目: 「自動車エンジン制御と周期系モデリング」
 講  師: 早川義一 氏(名古屋大学) 
 講演内容: SICEパワートレイン制御研究会ベンチマーク問題を題材に,各研究
      グループの成果を簡潔に紹介するとともに,周期離散時間モデルが時
      不変モデルに等価変換できる条件,方法なども説明する。
[5] 15:20~16:40
 講演題目: 「モータの高速応答に基づく電気自動車の車両運動制御」
 講  師: 藤本博志 氏(横浜国立大学)
 講演内容: 電気モータで駆動される電気自動車は,トルク応答が高速であるこ
      と,発生トルクが正確に把握可能であること,各輪の独立駆動が可能
      となることなど,運動制御においても大きな魅力がある。本講演では,
      インホイールモータを用いたトラクション制御や車両姿勢制御,路面
      状態推定技術の説明を行う。
参加費 無料(会員,非会員共)
定 員 40名
申込締切日 2009年8月31日(月)
申込方法  「SICE中国支部チュートリアル講演会参加申し込み」と題記し,
 1)氏名,2)所属,3)電話,4)E-mail を明記の上,
 E-mail(推奨)あるいはFAXにて下記宛てにお申し込み下さい。
申込・問合せ先 〒739-8527 広島県東広島市鏡山1−4−1
     広島大学大学院工学研究科  佐伯正美
      電話(082)424−7589
      FAX (082)422−7198
      E-mail: saeki@hiroshima-u.ac.jp
主催 計測自動制御学会中国支部
計測自動制御学会支部協議会
後援 電気学会中国支部・日本機会学会中国四国支部・自動車技術会関西支部
地区 広島
» 今日のイベント » カレンダー » リスト