【申請期限: 6 月30日】令和4年度上期 中国支部独自事業の募集について                                                                                    ~「上期追加募集」と「若手会員国際会議参加特別措置」を実施します~

2022/04/28

————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
令和4年度 電気学会中国支部独自事業として、支部会員活動の 補助について追加募集をしますのでご案内いたします。希望者は期間内に 補助申請書をご提出ください。
なお、今回の募集では、新型コロナ感染症に伴うオンライン開催の国際会議参加を対象とした『「若手会員国際会議参加補助」の特別措置』の募集をします。
子供理科教室に対する補助につきましては、年間の計画件数を超えましたので追加募集は行いません。
——————————————————————————————————————————————————————————————————

電気学会中国支部では電気技術振興のために、次の独自事業を実施します。
——————————————————————————————————————————————————————————————————
1.中国支部内で開催される『研究会・シンポジウム』に対する補助
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
令和4年度中に中国支部内で開催され、開催者に電気学会会員を含む研究会・シンポジウムに対して、1件につき5万円を上限に補助を   行います。
年度内に実施されるものであれば事後の申請も対象となります。
——————————————————————————————————————————————————————————————————
2.中国支部会員の『研究グループ』に対する補助【※2年連続は不可】
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
電気学会中国支部若手会員の研究・討論を推進し、交流の場を提供する目的で、令和4年度の年間を通して活動する中国支部会員が主催  する研究グループに対して、1グループにつき5万円を上限に補助を行います。
年度内に実施されるものであれば事後の申請も対象となります。
——————————————————————————————————————————————————————————————————
3.中国支部会員の『若手会員国際会議参加』に対する補助
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
<特別措置>
————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
新型コロナ感染症に伴うオンライン開催の国際会議参加を対象とした「若手会員国際会議参加補助」の特別措置を実施します。
電気学会中国支部若手会員の中から、将来、支部活動の中心となる研究者を育成することを目的として、令和4年度中に海外への渡航を  伴わないオンライン開催の国際会議に参加する支部若手会員に対して、1名につき5万円を上限に補助を行います。
また、例年実施している「若手会員国際会議参加補助」を申請し承認された者が、承認後に当該会議がオンライン開催に変更となった場合は、1名につき5万円を上限に特例措置の補助を受けることができます。
一方、「若手会員国際会議参加補助(特例措置)」を申請し承認された者が、承認後に当該会議が海外開催に変更となり海外渡航する場合についても、1名につき5万円を上限に若手会員国際会議参加補助の補助を受けることができます。

補助は原則として、次の条件を満足する方に対して行います。
 (1) 年度年齢(令和4年度)35歳以下または学生会員であること。
 (2) 国際会議参加時点で、電気学会会員歴満1年以上であること。
 (3) 過去3年間、本補助の推薦をしていない指導教員の推薦を受けること。
 (4) 過去に本補助金を受けていないこと。
 (5) 投稿論文または論文発表資料の中で、本補助受領について述べること。

<例年実施している「若手会員国際会議参加補助」(海外渡航を伴うもの)>
—————————————————————————————————————————————————————————————————
「若手会員国際会議参加補助」を申請し承認された者が、海外渡航を伴う国際会議に出席した場合は、従来どおり1名につき10万円を  上限に補助を行います。

補助は原則として、次の条件を満足する方に対して行います。
(1) 年度年齢(令和4年度)35才以下または学生会員であること。
(2) 海外への渡航を伴い、旅費および滞在費の自費負担が5万円以上であること。
(補足:費用総額から5万円を差し引いた金額が補助の対象となります)
(3) 出国時点で、電気学会会員歴満1年以上であること。
(4) 過去3年間、本補助の推薦をしていない指導教員の推薦を受けること。
(5) 過去に本補助金を受けていないこと。
(6) 投稿論文または論文発表資料の中で、本補助受領について述べること。

————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

【申請方法】
上項1から3の補助を希望される方は、該当する補助申請書を下記申請期限までに電気学会中国支部事務局にご提出ください。
申請書は下記の募集ページ下部のリンクよりダウンロードしてください。
【様式類】
以下のファイルをダウンロードしてお使い下さい。
  1.研究会・シンポジウム補助申請書・報告書

  2.研究グループ補助申請書・報告書

  3.若手会員国際会議参加補助申請書・報告書

(申請期限)
令和4年6月30日(木)

(補助決定の連絡)
補助実施可否および補助金額は、電気学会中国支部役員会で審議し、決定後、事務局より各申請者にご連絡いたします。

(補助申請書・報告書の提出)
補助申請書・報告書のご提出は、写しのメール提出で可能です。

ご記入いただいた個人情報は、本事業に関する運営のみに使用します。
ご不明な点は事務局までお問い合わせ下さい。

【問い合わせ・送付先】
〒730-8702 広島市中区小町4番33号
中国電力ネットワーク株式会社 ネットワーク設備部(技術基盤グループ)
電気学会中国支部事務局
Tel:050-8202-3186 Fax:082-544-2684
E-mail:T-ieej@pnet.energia.co.jp
(電話によるお問い合わせは平日の9:00~17:00にお願いします。)

以上