部門概要

基礎・材料・共通部門(A部門)は、電気工学の応用分野である「電力・エネルギー」、 「電子・情報・システム」、「産業応用」、「センサ・マイクロマシン」などの、 いずれにも共通する基盤学術を広範囲に取り扱っている。A部門の現在の活動範囲を11の 技術委員会名で示すと、「教育フロンティア」、「電磁界理論」、「電磁環境」、 「放電」、「光応用・視覚」、「計測」、「誘電・絶縁材料」、 「金属・セラミックス」、「マグネティックス」、「電気技術史」」、「プラズマ・パルスパワー」であり、これらの分野を基礎に、 これを見直し、更に新しい分野を開拓していくことを目指している。 特に、応用分野が明確になっていない新技術を積極的に取り上げ、このような技術の応用が確定するまで育てること、 また、先端的基礎技術についても幅広く取り扱うことによってA部門は電気学会の発展の先導的役割を果たそうとしている。