エネルギーワンダーランド

header

電気学会B部門では、電気やエネルギーについて広く一般の方々に知っていただくとともに、若い人たちに電力・エネルギー分野の研究に関心を持っていただくために、エネルギーワンダーランドというイベントを企画しています。エネルギーワンダーランドでは、電気の発生や消費、省エネルギーなどについて、専門家がわかりやすく紹介します。

第21回

日時・場所
日時:2018年3月28日(水) 13時30分~ 16時30分
(集合 神奈川県逗子市 JR横須賀線 逗子駅 12時45分)
(解散 神奈川県逗子市 JR横須賀線 逗子駅 17時30分頃)
場所: 一般財団法人 電力中央研究所 横須賀地区(横須賀市長坂2-6-1)
実施内容
内容:「一般財団法人 電力中央研究所 横須賀地区」設備見学と実験見学・解説講義
主催:一般社団法人 電気学会
協賛:一般社団法人 日本電機工業会
実施概要: エネルギーワンダーランドは、これから進路を考える高校生,高専生,大学生を対象として,話題性に富む設備見学とわかりやすい解説講義を組み合わせた企画として開催しているものであり、第21回となる今年度は、「電力中央研究所 横須賀地区」の設備見学・実験見学・解説講義を以下により実施します。
スケジュール:
12:45     JR横須賀線 逗子駅集合
12:45~13:25  チャーターバスで電力中央研究所 横須賀地区へ移動
13:30~16:30  電力中央研究所の設備見学と実験見学・解説講義
        ○地区説明・電力に関する一般講義
        ○設備見学:・大容量電力短絡試験設備
              ・高電圧絶縁実験設備
        ○実験見学、解説講義:
              ・ワイヤレス(非接触)電力伝送
              (磁界共振方式による電力伝送実験の見学)
              ・振動発電素子の開発
              (電気二重層エレクトレットを利用した振動発電素子開発の見学)
16:45~    電力中央研究所出発、チャーターバスでJR横須賀線 逗子駅へ移動
17:30     解散

参加費: 無料 (ただし、集合場所までの交通費は各自にてご負担ください。昼食は各自にて
         お済ませ下さい。)
対象 : 高校生,工業高等専門学校生,大学生
定員 : 30名(先着順)
申込期限:平成30年2月28日(水)平成30年3月16日(金)
参加申し込み方法:
(1)参加者氏名,(2)学校名,(3)連絡先TEL・FAX・E-mailを明記の上,電気学会 電力・エネルギー部門 エネルギーワンダーランド係(担当:河村 憲一)へE-mailでお申し込み下さい。「申込確認書」を返信させて頂きます。
お申込みE-mail: ewl@ieej.org

平成29年度エネルギーワンダーランドポスター

平成29年度 エネルギーワンダーランド実施報告書

開催日
2018年3月28日(水) 13時30分~ 16時30分
内容
『「一般財団法人 電力中央研究所 横須賀地区」設備見学と実験見学・解説講義』
主催
一般社団法人 電気学会 電力・エネルギー部門
協賛
(社)日本電機工業会
参加人数
学生(高校生、大学生、大学院生)+引率教員 合計13名
実施概要
エネルギーワンダーランドは、これから進路を考える高校生、高専生、大学生を対象とした、話題性に富む設備見学と分かりやすい解説講義を組み合わせた企画である。
 将来を担う若い人達にエネルギー問題を楽しく理解、最新の電力・エネルギー技術に関心を持ってもらうことを目的とし、21回目の29年度は、昨年度まで実施状況も踏まえ、設備見学・解説講義を中心として企画し、B部門大会の開催地区に合わせた関東地区での実施を計画。
 電力中央研究所横須賀地区の設備見学と実験見学・解説講義を以下のスケジュールで実施した。

12:45    JR横須賀線 逗子駅集合
12:45~13:25 チャーターバスで電力中央研究所 横須賀地区へ移動
13:30~16:30 電力中央研究所の設備見学と実験見学・解説講義
  ・13:30~13:35 事務局挨拶
  ・13:35~13:45 ビデオ紹介
  ・13:45~14:00 地区説明
  ・14:00~14:30 電力に関する一般講義 (「日本の電力・エネルギー」)
  ・14:30~16:30 設備見学、実験見学、解説講義(30分×4コース)
    ○設備見学: ①大容量電力短絡試験設備
           ②高電圧絶縁実験設備
    ○実験見学、解説講義:
           ③ワイヤレス(非接触)電力伝送
            (磁界共振方式による電力伝送実験の見学)
           ④振動発電素子の開発
            (電気二重層エレクトレットを利用した振動発電素子開発の見学)
16:45~   電力中央研究所出発、チャーターバスでJR横須賀線 逗子駅へ移動

実施内容詳細

(1)電力に関する一般講義
 「日本の電力・エネルギー」と題して、電力に関する一般講義を実施いただいた。なぜ交流が
 使われるかから始まり、再生可 能エネルギー接続時の問題点に至るまで、幅広い内容が
 盛り込まれており、電力・エネルギーに関する知識が深まったと好評であった。

写真1:一般講義の様子

(2)設備見学: 大容量電力短絡試験設備、高電圧絶縁実験設備
 大規模な設備に圧倒された印象を多くの参加者が感じた模様で、高電圧・大容量の機器の開発・
 検証には実規模レベルの試験が重要であることを十分理解してもらえ、送変電分野への関心を広め
 ることに役立ったと思われる。
 説明者の方の丁寧な説明のおかげで、わかりやすかったとの感想が多かった。

写真2.大容量電力短絡試験設備見学の様子

写真3. 高電圧絶縁実験設備見学の様子

(3)体験実験/解説講義: 振動発電素子の開発、ワイヤレス(非接触)電力伝送
 最新の研究の2テーマを見学いただいたが、夢のある研究、わくわくする研究であると
 好評であり、貴重な体験が出来たというのが大方の感想であった。
 また、説明者の方のプレゼンも上手で、わかりやすかったと好評であった。

写真4. 振動発電素子の開発
(電気二重層エレクトレットを利用した振動発電素子開発の見学)

写真5. ワイヤレス(非接触)電力伝送
(磁界共振方式による電力伝送実験の見学)

総評

電力に関する一般講義については、送電に関する基礎的な内容から再生可能エネルギー拡大の系統に及ぼす影響、系統安定度の問題等をわかりやすく説明いただき、電力系統に対する理解が深まったとの感想が多かった。大容量電力短絡試験設備、高電圧絶縁実験設備の見学については、通常見ることが出来ない大規模な設備に圧倒された様子で、実規模レベルでの試験の重要性についてよく理解いただいた。最先端技術の実験体験、解説講義についても大変興味を引き、感銘を受けたとの感想が多かった。

過去に開催したエネルギ−ワンダーランド

初版作成 1997年08月13日
最終改訂 2018年08月17日

Copyright (C) 2006 The Institute of Electrical Engineers of Japan. All Rights Reserved