B部門 フォーラム

電力・エネルギーフォーラム 「系統における開閉現象と高電圧遮断器の開閉責務」

一般向け

2016年10月13日 1:15 pm ~ 4:30 pm

開催地・会場:東京都 電気学会 第1~第5会議室(受付開始 12:45)
住所 東京都千代田区五番町6-2 HOMAT HORIZONビル8階 TEL: 03-3221-7312
交通 JR総武線(中央線各駅停車)市ヶ谷駅下車,徒歩2分
地図リンク
概要 電力系統,特に送変電技術を取り巻く環境は,21世紀に入っても著しく変化し続けている。これらの変
化に対応し,系統を構成する変電機器の要求仕様の見直しに伴い,遮断器/開閉機器規格の改訂が行われて
いる。特に,電力系統の保護の要となる遮断器への要求仕様は,適用される系統において遮断器に課せられ
る様々な開閉責務に基づき決定されるため,それらの要求仕様の見直し,および規格改訂のためには,従来
および最新の系統における開閉現象,開閉責務に対するより深い理解が必要となる。
 このフォーラムでは,高電圧遮断器が電力系統で遭遇する多種多様な開閉・遮断責務と、その影響につい
て基本的な電気回路現象面から説明するとともに、最新の解析事例も交えて、交流遮断器規格の制定、改訂
の背景とその根拠についても解説します。
 みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。
プログラム 13:15-13:25  開会挨拶                       伊藤 弘基(三菱電機)
13:25-13:40  最近の国内外電力系統における遮断責務調査       中島 章敏(東京電力)
13:40-14:40  各種開閉現象と特徴
         (1) 大電流遮断(BTF,LLF及びSLF)           常世田 翔(三菱電機)
         (2) 大電流遮断(TLF,脱調)              浦井 一 (日立製作所)
         (3) 小電流開閉(進み,遅れ)             長竹 和浩(明 電 舎)
         (4) 特殊遮断(発電機回路,直列コンデンサ系統)    亀井 健次(三菱電機)
14:40-15:00  開閉現象の解析と実測                 北島 謙一(東光高岳)
15:10-15:30  各種アーク遮断特性の開閉現象への影響         田中 康規(金沢大学)
15:30-15:50  試験技術                       飯島 崇文(東 芝)
15:50-16:10  今後の課題・動向                   牧野 芳範(電源開発)
16:10-16:30  質疑応答,閉会
                               司会進行 亀井 健次(三菱電機)
テキスト 電気学会技術報告第1376号「系統における開閉現象と高電圧遮断器の開閉責務」をテキストとして
使用します。なお,希望者には特別価格(会員¥2,800,非会員¥3,800)で当日会場にて頒布します
ので,お申し込み時にその旨を記載ください。当日頒布は事前申し込みの方のみとなります。
参加費 一般  会員¥2,000(不課税) 非会員¥2,500(消費税込)
学生  会員¥1,000(不課税) 非会員¥1,500(消費税込)
申込方法 ○ホームページからのお申込み:http://www.iee.or.jp/forum.htmlLink
 こちらをご利用になると大変便利です。9月23日(金)までにお申し込みください。

○電子メール,またはFAXでのお申込み:「電力・エネルギーフォーラム「系統における開閉現象
 と高電圧遮断器の開閉責務」参加申し込み」と題記し,会員/非会員の別,氏名,所属,連絡先
 (住所,電話,ファックス,電子メール),テキストの要・不要の別をご記入の上,9月23日(金)
 までに下記へお申し込みください(定員50名に達し次第,締め切らせていただきます)。
      三菱電機(株) 常世田 翔  Tel 06-6496-2346  Fax 06-6497-9360
              e-mail: Tokoyoda.Sho@ak.MitsubishiElectric.co.jpMail
支払い方法 参加費は,当日に現金でお支払い願います。領収書は,原則としてフォーラム当日の日付で会場渡
しとなりますが,その他のご指示がある場合は申込時にご連絡ください。
主催 電気学会 電力・エネルギー部門 開閉保護技術委員会
協賛 系統における開閉現象と高電圧遮断器の開閉責務調査専門委員会
» 今日のイベント » カレンダー » リスト