国際活動委員会

代表者

委員長 新藤 孝敏

設立の趣旨

本委員会は電気学会が行う国際活動のうち,電気学会全体に係わるもの及び複数の部門に係わるものについてその効果的かつ円滑な遂行を図る。 委員会の主要な審議事項は次の各項とする。
  • 本学会の国際活動に関する基本的な考え方,理念,方法,範囲などについて審議
  • 各国学術機関との交流のあり方及びその具体的内容について審議し,国際協定の締結の審議。又,既に締結している協定の見直し,変更等に関する審議
  • 各国において本学会の窓口となり,活動の紹介や普及に貢献してもらうコリスポンディングメンバーの選任及び具体的な交流活動の推進
  • 学会が主催する国際会議であるICEE 大会の対応について審議及び推進。日本で開催の場合には,実質的な事務局として計画の立案及び遂行海外で開催の場合には各国と連携をはかり,日本からの論文や参加者の調整支援 この業務については下部機関として専任的にあたるICEE 日本委員会を設定して推進
  • 本学会の国際化のための諸施策としてのホームページやニュースレターなどによる海外へのPR 活動の展開や会員相互の意見交換の実施
  • 本部や複数の部門が主催又共催等となり,日本で開催する国際会議への協力・支援

設立

1999年4月

運営要綱(H11.4.19制定)

こちらから

関係資料

特集:産業応用部門の国際活動 -産業界へ発信する 国際会議のこれまでとこれから- (電気学会誌 Vol. 136(2016) No. 4 )

電気学会主催の国際会議に関するデータ

こちらから


(お問い合わせ)event(at)iee.or.jp (at) → @