令和元年度(第106代)電気学会会長 中川 聡子

2019/05/31

平成から令和へ! 繋がる・拓く『連携』の未来

このたび会員の皆様のご推挙をいただき,歴史ある電気学会第106代会長を拝命しました中川聡子です。これから1年間,皆様のご支援を賜りながら全力でその任にあたる所存でございます。どうぞよろしくお願い申しあげます。
電気学会は、1888年(明治21年)5月,先人達の高き理想と熱き思いのもとに設立され,明治,大正,昭和,平成を経て,この5月に令和へと歩みを進めました。
今も昔も,安定で余裕のある電力インフラの整備は,国の繁栄の基盤です。そのため電気学会は設立当初から国との関わりの中で,電力網の基盤整備に学術面からの支援を行ってきました。その結果,日本は世界有数の産業立国へと発展していきました。これとの類比で,電気工学が情報・通信などの異分野と融合して作るサイバー・フィジカル空間内に,全く異質な”インフラ”を整備することで,今後,日本はまた新たな繁栄のステージへと進むことができると私は確信しています。
さて近年,各国の首脳や科学アカデミーなどが期待を寄せる『SDGs』や,財界・産業界が推進する『Society5.0』が注目されていますが,これらを達成するには最先端の科学技術やInnovationが不可欠とされています。電気関連分野を広くカバーする5つの部門を擁す電気学会は,これらゴールの達成に貢献できる総合力をもつ数少ない学会の1つであると思います。
時代は,かつての労働集約型から資本集約型へ,さらには知識集約型へと向かっており,社会が目指す前述のゴールを極めるには,縦割りに陥らない異分野との知識集約,すなわち『知の連携』が必要です。それは,異質なもの同士の連携においては,時に爆発的な化学反応が起こり,新たなInnovationが創出される可能性があるからです。
『知の連携』として,私は現在,(1)部門間連携,(2)新たなInnovation創出に向けた学会間連携,(3)研究成果が『Valley of Death』に埋没せずに社会に活用されるような産・学・官連携,を考えています。そしてこれら連携の成否は,まさに『マッチメーカ役』としての電気学会にかかっているのです。また,これらの『連携』を成功に導くには,電気学会の『広報力』が鍵となります。
『見えなければ,無いことと同じ』というのが私の基本的考えです。優れた研究成果や技術開発,また,学会が行う興味深く有益な企画,これらはすべて電気学会の宝と言えるものですが,これらの宝が『深い谷』に埋もれて見えなければ,電気学会は何も行動していないのと同じです。この電気学会の宝に,私は『広報』の力で,これまで以上にスポットライトを当てていきたいと考えます。
先般の北海道ブラックアウトで判明した『電気の停止=社会の停止』という事象から学んだ『電気の重要性』に深く思いを致し,電気学会は『知の連携』と『協働』を強化しながら、この令和という新しい『技術大革新の時代』を切り拓いていきたいと考えます。どうか皆様のお力を,電気学会にお寄せください。

会長からのご挨拶 一覧

平成30年度(第105代)電気学会会長 山口 博

このたび、伝統ある電気学会の第105代会長を務めることになりました。これから1年間、会員の皆さまとともに学会の更なる発展のために、使命を果たすべく邁進してまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。 電気学会は、「電気学術とその応用振興に向け知識を共有し将来の進歩拡充をはかる」ことを設立趣旨として、1888年(明治21年)5月に創立さ…

平成29年度(第104代)電気学会会長 横山 明彦

このたび、伝統ある電気学会の第104代会長を務めることになりました。これから1年間、会員の皆様とともに学会の発展のために尽くしていく所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 社会の基盤を支え、社会の発展に寄与する電気工学は、様々な分野において社会の隅々にまで浸透しており、これらをより一層発展させるために、電気学会では、この電気工学の担い手である…

平成28年度(第103代)電気学会会長 田中 幸二

この度、電気学会の103代会長を務めることになりました。伝統ある電気学会の更なる発展のため、その責任と使命を果たすべく邁進してまいる所存であります。 電気は、これまで快適で豊かな社会を我々に提供し、さまざまな社会課題の解決に貢献してきました。最近の世の中の変化も激しく、エネルギー、環境、資源、人口、安全・安心などに関わる社会課題が複雑化してきています。…

平成27年度(第102代)電気学会会長 大西 公平

電気学会は自由な雰囲気の中で、会員諸賢が学術と技術に関して相互の意見や考えを開陳する場です。電気技術に関連する様々な情報を交換し、互いの主張を明確にすることで学術や技術の発展に寄与があるからこそ、学会の意義があるのだと考えます。この精神に則り、学会内外においてその活動が会員相互のみならず社会とも互恵になるよう開かれた学術活動を展開したいと考えます。 平…

平成26年度(第101代)電気学会会長 生駒 昌夫

このたび、電気学会の第101代会長を務めることになりました。伝統と実績のある電気学会会長の使命と職責の重さを痛感し、大変身の引きしまる思いです。これから1年間、学会の発展に尽くしていく所存ですのでよろしくお願いいたします。 東日本大震災以降、我が国の国民生活の発展や経済成長とともに歩んできたエネルギーを取り巻く環境は大きく変化しています。さらに、再生可…

平成25年度(第100代)電気学会会長 日高 邦彦

電気学会が創設125周年を迎える年に,第100代目の会長を任ぜられました。これから1年間,会員の皆様とともに電気学会の発展,そして何よりも電気学会の活動を通じて,より良い社会作りのために,どれだけ貢献できるかを考えていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。 一昨年の東日本大震災以降,これまで成熟していると考えられていた原子力発電や電力供…

平成24年度(第99代)電気学会会長 柵山 正樹

このたび、電気学会の第99代会長を務めることになりました。 電気学会は、今年で創立125年目に入っており、伝統と実績ある電気学会の会長を務める責任を痛感しております 電気学会が創立された明治21年は、電気にとって正に草創期でした。その後125年の間に、家庭から社会インフラおよび産業に至るまでエネルギー源における電気のシェアは大幅に増大しましたが、その…

平成23年度(第98代)電気学会会長 大久保 仁

このたび120余年の伝統ある電気学会会長に就任しました.これから1年間,会員の皆様と共に電気学会の発展に尽くしたいと思っております.会員の皆様のご参画とご協力をお願いいたします. さて,わが国ほど自然災害に備えてきた国はないと思います.しかし東日本大震災という未曾有の大災害が起きました.この大震災が我が国の近代産業社会の風景を一変させました.電気・電子工学…

平成22年度(第97代)電気学会会長 藤本 孝

諸先輩方が築き上げてこられた120年を超える歴史を引き継ぎ,電気学会第97代会長を務めることになりました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。 電気学会は,これまで学問,産業の発展に大きく寄与し,幾多の優秀な人材の育成にも貢献してまいりました。一方で,低炭素社会の実現に向けて電気に関する技術進歩への期待が急速に高まるなど,電気学会を取り巻く環境は大きく変化…

平成21年度(第96代)電気学会会長 松瀨 貢規

1888年に創設された電気学会の第96代会長をつとめることになりました。 皆様のご協力をいただきまして, 学術の発展と文化の向上への寄与を目的とする電気学会の一層の発展のため微力を尽くします。どうぞよろしくお願いいたします。 地球社会を快適にする電気技術の情報基地として電気学会は, 20世紀の最大の技術業績といわれる「社会の電力化」などそれぞれの時代にふさ…