電気学会におけるカーボンニュートラルへの取り組みについて

 2020年10月26日,臨時国会の所信表明演説において,菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに,温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする,すなわち2050年カーボンニュートラル,脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。そして,それを達成するための戦略,政策が策定され,研究開発も加速されようとしています。
 電力部門や運輸部門でのカーボンニュートラルへ向けた研究開発は,電気工学が深く関わる分野です。さらに産業部門や民生部門なども含めて,回転機,パワーデバイスを含むパワーエレクトロニクス,モータドライブシステム,LED,家電製品などの一層の省エネ化のための技術開発において,あるいはスマートシティなども含めてシステム的な検討などにおいて,電気工学技術者の役割は大きく,それに応えることが期待されています。
 電気学会の会員,事業維持員にも様々なステークホルダーがいて,意見が必ずしも一致するとは限りません。電気学会が学術的,技術的に正確な情報提供,発信をすることが重要ですし,講演会やシンポジウムなど,正しい情報等に基づく議論の場を提供することも学会の役割です。
 この度,電気学会としてのカーボンニュートラルに向けた取り組みのHPを作成し,情報発信を続けて参ります。

会長 大崎 博之

【おもな活動内容】

 
実施日 実施内容 備考
2021.5.28 大崎 博之 会長演説
「連携と総合力でグローバルな課題に取り組む! – ポストコロナ社会での活動とカーボンニュートラルへの貢献 -」
原稿
YouTube
学会誌への掲載:2021年7月
2021.8.25
14:00-16:30
B部門大会 パネルディスカッション
「デジタル化が切り拓く2050年カーボンニュートラル – 電力・エネルギー部門の挑戦 -」
HP
大会チラシ
YouTubeによる一般公開有り
2021.9.3 D部門 スマートファシリティ研究会
「カーボンニュートラルの実現に向けたスマートファシリティ」
HP


【このページに関するお問い合わせ】
電気学会 総務課
e-mail:kanri(at)iee.or.jp [(at)→@に変更下さい]