令和6電気学会全国大会 公益事業学会との共同シンポジウム『GX 推進下の電力システムの課題と対策 ~技術開発・実装と規制・制度の結節点~』

2024/01/29

令和6電気学会全国大会 公益事業学会との共同シンポジウム

テーマ:GX 推進下の電力システムの課題と対策 ~技術開発・実装と規制・制度の結節点~

<<概要>>
2050 年カーボンニュートラルに向けて、政府が進めるグリーントランスフォーメーション(GX)において、電力システムの果たす役割は大きい。供給サイドでは再生可能エネルギーの大量導入や原子力 の活用に加えて、GX推進下においては水素、アンモニアによる新たな発電技術などへの期待も大きい。また、それらの電源を広域で効率的活用するための次世代電力ネットワークの構築も必要となっている。本シンポジウムでは、GX 推進下の電力システムの課題と対策を技術開発の視点で論じるとともにそれらの社会実装に向けて、求められる規制改革や制度設計について学術的視点を加えて、議論する。

日 時 :2024年3月15日(金)10:00~12:00
場 所 :徳島大学 常三島キャンパス 4号館2階202講義室

主 催 :一般社団法人電気学会
共同企画:公益事業学会
参加費 :無料(一般無料公開)
参加資格:学会員以外の方でも参加可能

資料:当日の資料は,下記の講演者覧に掲載の予定です。
  

プログラム:

【第1部】登壇者からの報告
【第2部】ディスカッションと会場フロアからの質疑

≪≪登壇者≫≫

■電気学会
・本山 英器 電力中央研究所 理事待遇 グリッドイノベーション研究本部 研究統括室長
・石井 英雄 早稲田大学 スマート社会技術融合研究機構 事務局長
・太田 豊  大阪大学大学院 工学研究科 特任教授

■公益事業学会
・西村 陽  大阪大学大学院 招聘教授
・丸山 真弘 電力中央研究所 社会経済研究所 研究推進マネージャー 参事
・小笠原潤一 日本エネルギー経済研究所 電力ユニット 担任補佐 研究理事

■モデレータ
・石亀 篤司 大阪公立大学 教授

以上