平成31年電気学会全国大会 シンポジウム 公開資料

2019/03/18

電力エネルギーの未来を考える ~ブラックアウトの現象、影響と提言~

【場所】
北海道科学大学 A棟 A308教室  ※サテライト会場: A306教室

【日時】
平成31年3月13日(水)9:00 ~ 12:40

【提案】
電気学会 研究調査会議 

【概要】
去る平成30年9月6日に発生した”北海道ブラックアウト”は、停電の社会的影響の広がりと電力エネルギーライフラインの重要性をあらためて浮き彫りにした。”北海道ブラックアウト”の検証は、広域機関を中心に進められているが、電気学会は、電気学術の発展を担う専門家集団として、機逸することなく、下記の取組みを行い、学会の社会的プレゼンスを高めることが必要である。広く社会へ向けて、発生した事象を分かり易く解明するとともに、今回の教訓をスマート化、高齢化が進展する今後の社会における停電リスクの軽減のために、どう活かすべきか提言する。

講演番号題目講演者
H1-0 オープニング・リマークス 山口 博(電気学会 会長)
H1-1 ブラックアウトとはどういう現象か
~北海道ではどのような事象が発生したのか~(20分)
内藤淳一(電力広域的運営推進機関)
H1-2 停電復旧、再発防止への取り組み(20分) 藤井 裕(北海道電力)
H1-3 情報通信システムへの影響(20分) 髙橋庸人(東日本電信電話)
H1-4 交通・鉄道への影響(20分)資料なし 近藤圭一郎(早稲田大学)
H1-5 一般生活者への影響(30分)資料なし 丸谷智保(セコマ)
H1-6 今回の教訓をどう活かすか(20分) 大久保 智(NHK札幌放送局)
   10~15分程度の休憩
H1-7 パネルディスカッション(60分) モデレータ,八木雅浩(北海道経済産業局),全講師